ザバイカリエ地方でチンギスハンの甥の遺骨発見

 ロシア・ザバイカリエ地方の東部では、ロシアの考古学者らによってチンギスハンの甥イスンケ(エスンケ)とみられる遺骨が発見された。

 チンギスハンの子孫とみられる遺骨は、ザバイカリエ地方の東部プリアルグンスク地区で発見された。同地区では、極東連邦大学とロシア科学アカデミー極東支部が合同で考古学調査を実施している。

 同地区には13世紀、ハンの屋敷があった。モンゴル帝国は中世期、領土を拡大しており、ザバイカリエ地方は当時、モンゴル帝国に属していた。