2011.10. 9 , 13:53

イラン トルコが欧州MD配備決定で激しく非難

 トルコが欧州連合(EU)のMDのレーダーを自国領内に配備する決定を取ったことを受け、イランは「戦略的な誤り」としてこれを非難する声明を表した。イラン最高司令官サファヴィ将軍は、トルコ指導部は「正しくない道」を歩んでおり、これは「おそらく米国の指図だろう」との声明を表した。イランのメヘル通信社が伝えた。

 将軍は、欧州MDのレーダー配備は「イランに、そしてロシアに対する明確なメッセージだ」と語った上で、かなりの部分、これはイランに対抗するものとの見方を表したものの、ロシアとイランが現実としてどの問題に直面するかについては明言していない。

 9月中旬、トルコと米国はトルコ領内に欧州MDを配備する覚書に調印した。レーダーはトルコ南東部のマラチヤ県キュレジク郡に配備される予定。これに対しロシア政府は、同施設はロシアの国益に脅威となるとの見解を表している。

  •  
    シェアする