2011.12.12 , 17:13

シベリアの寒中水泳大会で ロシア新記録

シベリアの寒中水泳大会で ロシア新記録

10‐11日の2日間、チュメニ(西シベリア)で開催された「寒中水泳の国際競泳大会」で、ロシア新記録が樹立された。

 チュメニ市民が氷水の中を56分間で2.1キロを泳いだ。12日、地元の寒中水泳連盟のセルゲイ・シドロフ理事長がインターファックス通信に明らかにした。シドロフ氏は、ロシアだけでなく世界中においても氷水の中で、これだけの距離を泳いだ寒中水泳者はいないと述べた。

 チュメニ市の水泳者は専門家たちが測定し、近日中にはロシア記録のリストに登録される。新記録が樹立された日の気温はマイナス10度だった。

 今回の国際大会には、100名以上の寒中水泳者がロシア国内の10都市から参加した。

  •  
    シェアする