2012.02.25 , 13:46

キルギス ロシアの空軍基地、閉鎖の可能性

キルギス ロシアの空軍基地、閉鎖の可能性

 キルギスのアルマズベク・アタムバエフ大統領は、25日、ラジオ局「モスクワのこだま」のインタビューに答え、同国内のロシアの軍事基地を閉鎖する可能性を除外しないと発言した。

 アタムバエフ氏は、「キルギスのカントにあるロシア軍の基地は土地の借用代も払っていなければ、自らの義務も果たしていない。キルギス国民にとってそのような基地は必要なのか?」と指摘している。同氏は、メドヴェージェフ大統領との会談中に、約1500万ドルにもなる借用代未納の問題について話し合ったと明らかにした。

 アタムバエフ氏は、ロシアのカント基地の借用代は、メドヴェージェフ大統領に無許可で、4年間にわたり滞納されていたと説明している。「メドヴェージェフ大統領はこの事実を知り、衝撃を受けた。そして、ロシアの国防大臣に、10日以内にカント基地の借用代金の滞納分を支払うように命じた」とアタムバエフ氏は述べている。

  •  
    シェアする