2012.06. 3 , 12:09

ハンブルグ ファシスト行進で損害は150万ユーロ

ハンブルグ ファシスト行進で損害は150万ユーロ

   ドイツのハンブルグでは2日、ネオナチ主義者らおよそ1000名が、多文化主義および寛容性に反対する行進に参加した。逆にファシズムに反対する平和行進には、この10倍の数の人々が集まった。市民の安全を確保するため約4400名の警官が動員されたが、衝突を阻止することは出来なかった。

   ネオナチの行動を阻止しようとした左翼系過激派組織は、ゴミ箱などで作ったバリケードに放火するなどしたが、衝突は数時間にわたる市街戦の様相を呈し、建設現場や自動車などが被害を受けたという。また地下鉄や電車の一部も運行を停止した。

   警官に対しては、石やビンが投げつけられ、警察は放水銃で応戦した。暴動の結果、38名の警官が負傷し、10台の警察車両が燃やされた。リアノーボスチ通信によれば、700名の参加者が拘束されたという。

   今回の衝突による物的被害は、150万ユーロとされている(警察労組GdPによる)。

   リアノーボスチ

  •  
    シェアする