2012.06. 7 , 16:48

日本 放射線を遮蔽する紙を開発

日本 放射線を遮蔽する紙を開発

   日本の凸版印刷は、放射線を遮蔽する特別な紙を開発した。この紙には、タングステンが高密度で混ぜ込まれており、鉛版のように放射線を効果的に遮蔽する。

  開発された紙は軽量で人体に対しても安全だという。

  凸版印刷の開発は、福島第一原子力発電所の作業などで使用できる、より軽量な防護服の製造などで新たな可能性を開く。

  新材料の価格は1平方メートルあたり410ドル未満だという。

 ロシアの各マスコミ

  •  
    シェアする