2012.06.12 , 16:01

タジキスタン SCO加盟諸国演習「平和の使節2012」第2段階終了

タジキスタン SCO加盟諸国演習「平和の使節2012」第2段階終了

  タジキスタンで行われていた上海協力機構(SCO)加盟諸国反テロ演習「平和の使節2012」の第2段階が終了した。

 演習には、ロシア、中国の他、カザフスタン、キルギス、タジキスタン各国の軍人2千人以上、装甲車両及び航空機500以上が参加した。 今回の演習では、山岳地帯での反テロ作戦における5か国軍隊の協同行動が訓練された。

 演習の第1段階では、各国の部隊の行動が調整された。なお第3段階は、14日に実施され、爆撃機スホーイ24型機に乗ったロシア人パイロットと対地攻撃機L-39に乗ったタジク人パイロットが共同で、爆弾投下訓練を行う。 なおタジク、カザフ、中国のヘリコプターは、SCO合同陸軍部隊の行動を空中から支援し、山岳地への空挺部隊の降下訓練が実施される。

  •  
    シェアする