2012.07. 8 , 17:43

プーチン大統領 服喪の日を宣言

プーチン大統領 服喪の日を宣言

   ロシアのプーチン大統領は、同国クラスノダール地方の洪水ならびにウクライナの自動車事故で大勢の犠牲者が出たことを受け、ロシアでは9日を服喪の日とすることを宣言した。ロシア大統領府・報道部が伝えた。

   クラスノダール地方では7日にかけての深夜、豪雨による大洪水で5000棟以上の家屋が浸水した。地元の治安機関筋が伝えたところによると、洪水では155人が死亡した。

   ウクライナのチェルニゴフ州では7日朝、ロシア・プスコフ州ヴェリーキエ・ルーキからの巡礼者を乗せたバスが横転し、ロシア人14人が死亡、29人が負傷した。

   リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする