プーチン大統領 ロシアの海外イメージに不満

   ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、海外でのロシアのイメージが主にロシア人以外の人間によって形成されていることに不満の意を示した。

   それによって、ロシアのイメージは頻繁に歪められたものとなっており、ロシアの世界文明への貢献や学術、文化への後見という現実を反映していない。

   大統領は、「銃を打ち、ミサイルを発射している者が正しいということになっている。たいしたものだ。そして落ち着いた対話を求める者は何らかの責任を負わなくてはならないようだ。」と指摘した。

   イタルタス