2012.08.21 , 19:27

リベリア大統領 息子を中銀から更迭 汚職対策への協力拒否で

リベリア大統領 息子を中銀から更迭 汚職対策への協力拒否で

   リベリアのエレン・ジョンソン=セルリフ大統領は息子が汚職対策に関する情報提供を拒否したため、一時的に中央銀行のポストから更迭した。またそのほかに45名の官僚が更迭された。21日ロイター通信が伝えた。

   息子のチャールズ・セルリフ氏は中央銀行の副総裁を務めていた。

   また大統領は、自らの資産情報を提供すれば、再び公務に復帰することができるとしている。

   エレン・ジョンソン=セルリフ大統領は2005年にアフリカ初の女性大統領となり、2011年には14年間の内戦後、リベリアの安定と平和を守ったとしてノーベル平和賞を受けている。

リアノーボスチ

  •  
    シェアする