2012.08.24 , 14:53

中国 海上配備の弾道ミサイルを実験

中国 海上配備の弾道ミサイルを実験

   中国は戦略原子力潜水艦から発射された大陸間弾道ミサイルの実験に成功した。24日、インターネット紙であるワシントン・フリー・ビーコンが米軍情報筋として伝えた。それによれば、射程7400キロのJL-2型ミサイルの実験は16日に行われていたという。

   ミサイル打上げは、黄海北部に位置する渤海湾付近で行われ、最新のJin級ミサイル搭載潜水艦から行われた。同情報筋によれば、米国防省諜報局の報道官は今回の実験にコメントするのを控えているという。これより先、中国南部の深圳のテレビ局が伝えたところによれば、JL-2型ミサイルを搭載したJin級潜水艦は警戒任務に出港したとされていた。その後、遼寧省行政当局は、16日と17日、渤海湾付近で軍事演習が行われることを明らかにし、船舶が航行しないよう警告していた。米情報筋によれば、この海域はミサイルの発射実験を考慮してのものだったという。米国防総省によれば、現在中国はJin級潜水艦2隻を保有しており、8隻までの拡大を計画しているという。

   ロシアの各メディアより

  •  
    シェアする