2012.09. 4 , 13:54

プーチン大統領のシベリア猫 秋田県知事への贈呈遅れる

プーチン大統領のシベリア猫 秋田県知事への贈呈遅れる

ロシアのプーチン大統領が日本の秋田県知事に約束していた「シベリアの猫」の贈呈は、ロシア極東で開催のAPECサミットでプーチン大統領が日本側の代表者らと会うまでに間に合わない可能性がある。

猫の贈呈が遅れている理由は、日本へペットを持ち込む際のあまりにも厳しい検疫規則。「ロシア新聞」が伝えた。

 伝えられたところによると、秋田県知事から秋田犬のプレゼントを受け取ったプーチン大統領は、日本では猫が愛され思いやりのシンボルであることから、日本人の好みを考慮し、シベリアの猫を贈呈すると約束した。 

  だが、日本へ持ち込まれる動物は日本の空港で検疫検査を受けなければならず、持ち込む40日以上前に届出をしなければならない。必要な形で証明されなかった動物は、空港内の検疫所で半年間留置される。

  リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする