2012.10.21 , 16:59

北朝鮮との国境地帯 韓国軍が厳戒態勢に

北朝鮮との国境地帯 韓国軍が厳戒態勢に

   国境地帯に配備されている韓国軍は、いかなる挑発にも厳重に対応するとして、厳戒態勢に入った。

   韓国軍指導部は北朝鮮が次なるプロパガンダ風船にたいして国境警備部隊への砲撃で応じるとしたことを受けて、今回の対応を取った。韓国統合参謀委員会が明らかにした。

   厳戒態勢に入ったのは、観光施設であるイムジンガクをカバーする砲撃部隊で、プロパガンダ風船も普段、ここから送られている。砲撃部隊のほかに、F15およびKF16戦闘機も警戒飛行スケジュールを変更している。

   これより先、活動家らは月曜日にも20万部のビラをつけた風船を送る計画を発表していた。

   タス

  •  
    シェアする