2012.10.27 , 08:46

ドイツ 政治家が番組中にマリファナを吸引

ドイツ 政治家が番組中にマリファナを吸引

   ドイツ自由民主党のマルチン・リンドナー副党首が、政治ショー番組放映中、マリファナ・タバコを吸い、それがドイツ国内で激しい批判を浴びている。Die Weltが伝えた。

   リンドナー副党首の「マリファナ吸引事件」が起きたのは、25日夕方にTV5で放映された「Stuckrad-Barre」という番組中だった。司会者が、彼に、マリファナ入りと請け合ってタバコを勧めたところ、彼は、禁煙であるスタジオから出てそれを試し、スタジオに戻ると「実際、本物だった」と言った。

  TV番組中のリンドナー副党首の行動は、すでに党の同僚から国会議員として許すべからざるものとして非難されている。

    これに対し、本人は「マリファナはビールよりもちっとも危険でない。隣国オランダの例に倣ってドイツでもマリファナのような軽い麻薬の販売は許可されるべきだ」と自説を主張している。

   Lenta.ru

  •  
    シェアする