2012.10.28 , 17:55

宇宙船「ドラゴン」が地球へ帰還

宇宙船「ドラゴン」が地球へ帰還

   NASAのウイリアムス、星出両飛行士は国際宇宙ステーションから米国の宇宙貨物船ドラゴンの切り離し作業に成功した。人工アーム「カナダーム」を使った作業の様子はNASAのサイトで衛生中継された。

   数時間後、ドラゴンがステーションから十分に離れた位置につく時点で飛行士らは人工アームを使ってドラゴンをさらに引き離し、モスクワ時間で22時30分ごろ、ドラゴンはエンジンをきって軌道から外れる。

   ドラゴンは太平洋のカリフォルニア海岸にモスクワ時間で23時30分ごろ帰還する。ドラゴンはスペースX社の製造。ステーションへ民間が製造した宇宙貨物船が飛行した例は今回が初めて。

   ドラゴンは飛行士の衣類、食糧、実験用、ステーションのシステム用の設備450キロの貨物を載せ、10月10日ステーションへのドッキングを果たした。地球へは904キロの貨物を載せて帰還する。

   リアノーボスチ通信

  •  
    シェアする