2012.11.17 , 11:45

福島、河川魚の放射線量、通常レベルの100倍

福島、河川魚の放射線量、通常レベルの100倍

福島第1原発近くの河川で捕獲され魚から通常レベルの100倍の放射線量が検出された。17日、環境省が明らかにした。

これより前、農林水産省は10月、福島第1原発から20キロ沖の海域で獲れた魚から通常レベルの9%増の放射線量が検出されたと発表していた。同海域で7月に行われた検査では捕獲された3割の魚に通常レベル以上の放射線量が検出されていた。

   福島県沖では現在魚の捕獲は禁止されている。

   ヴェスチ

  •  
    シェアする