2012.12.17 , 12:34

ネパールの兵士、殺人ゾウを告訴

ネパールの兵士、殺人ゾウを告訴

   ネパールの兵士らが同国南部の村々で4人を殺害したゾウを告訴した。チットワン地区当局が月曜伝えた。当局が記者団に語ったところによれば、軍部は猛獣の殺害命令を受け取った。

   土曜、チットワン王立市民公園に近いガルディ村で、ゾウが高齢者2人を踏み殺した。公園のスタッフによれば、このゾウは先月、さらに2人の村民を殺害している。

   ネパールには約300頭のゾウがおり、うちの100頭以上が家畜化されている。家畜化されたゾウは国立公園やホテルでツーリスト向けの乗り物として利用されている。ゾウ殺害には禁固15年があてられるが、もしもゾウの側が人間を殺害したことが証明されれば、その場合には当局がゾウを殺してもよいことになっている。

   インターファクス

  •  
    シェアする