2012.12.18 , 09:17

ナイジェリア南部でヒュンダイの社員6名拉致

ナイジェリア南部でヒュンダイの社員6名拉致

   ナイジェリア南部で拉致された「ヒュンダイ重工(Hyundai Heavy Industries)」6人の社員のうち、韓国人は4人である事が分かった。残りの2人は地元ナイジェリア人。今日、韓国外交。通商省スポークスマンが伝えた。

  拉致事件が起きたのは月曜日、南部のバイエルサ州で、いくつかの情報によれば、犯人らは、拉致した人々のうち、ナイジェリア人1人をすでに解放した。

 韓国外交通商省スポークスマンは「今のところ、拉致された人々といかなるコンタクトも取れていない。我々は、状況を明らかにするため、ナイジェリア警察と密接に協力している」と強調した。

 韓国外交通商省の指摘によれば、ナイジェリアの武装戦闘員らは、しばしば、石油採掘企業で働く外国人を身代金目的で営利誘拐している。

 なおレンハップ通信によれば、2007年ナイジェリアでは、やはり韓国の企業「デウ(Daewoo Engineering & Construction)の 3人の社員が拉致されたが、身代金支払い交渉の末、1週間後に無事解放されている。

イタル・タス

  •  
    シェアする