2013.01.30 , 20:14

ノボシビルスクで若返りの薬開発

ノボシビルスクで若返りの薬開発

シベリアの学者たちは、人間の骨髄に幹細胞の形成を促す薬剤を開発した。奇跡の薬により、あらゆる年代の人が、若さと健康を維持できる可能性があるという。

 新たな薬は、幹細胞を用いた同様の治療法を使用する際に伴うリスクを回避することができる。幹細胞は、患者の骨髄から採取され、血管に注入される。幹細胞はその後、損傷した器官に到着する。健康な器官に到着した場合には、トラブルが発生する恐れもあるという。  

 ノボシビルスクで開発された新薬「G5」は、人間の骨髄に対して、損傷した器官を見つけ、それを修復する新たな肝細胞の形成を促す。このような薬剤は世界でも類をみない。すでに非臨床試験を終え、近いうちに治験に入る予定。G5は、半年後にも市場に出される可能性がある。  

 VOR

  •  
    シェアする