2013.03.13 , 09:54

コンクラーベ第1日 新しいローマ法王選出できず

コンクラーベ第1日 新しいローマ法王選出できず

   昨日新しいローマ法王を選ぶコンクラーベの第1日、バチカンのシスティーナ礼拝堂の煙突から上がった煙は黒色だった。これは、枢機卿達が、法王を選出できなかったことを示す印だ。地元の複数のマスコミが伝えた。

   今日水曜日、投票は続けられる。システィーナ礼拝堂から、白煙が立ち上れば、それは、ベネディクト16世の後継者が決まった印だ。

   コンクラーベには、115人の枢機卿が参加している。新しい法王を選出するためには、参加者の三分の二の承認が求められる。

   伝えられたところでは、バチカンは、公式発表まで新しい法王の名前がマスコミに漏れないよう、特務部隊を採用した。

 

   インターファクス

  •  
    シェアする