2013.03.23 , 11:53

習近平主席 ロシア公式訪問2日目

習近平主席 ロシア公式訪問2日目

   中国の習近平国家主席によるロシア公式訪問2日目、主席は土曜日をモスクワで過ごしている。昨日行われたウラジーミル・プーチン大統領との実り豊かな会談に続き、今日習主席は、ドミトリイ・メドヴェージェフ首相や上下両院議長のほか、ロシアの中国専門家やモスクワ国際関係大学の学生達とも会う予定。

   習主席のロシア公式訪問の枠内で、双方は昨日、エネルギー協力発展を目指した一連の重要な合意の数々を締結した。ロシアの「ガスプロム」と中国の石油ガス会社CNPCは、年間最大で600億立方メートルのガスを向う30年間ロシアが中国に供給する契約書に、双方は今年末までに署名するとの合意に達している。またロシアの石油会社「ロスネフチ」は、石油供給量を年間3100万トンまで増やすのと引き換えに、中国側から20億ドルの融資を受ける。

   また国防問題に関連して、ロ中両国の首脳は、会談の中で、対ミサイル防衛システム展開問題に関する協同行動を深めてゆくことで合意した。

   なお習近平国家主席のロシア公式訪問第1日目の枠内で、クレムリン大宮殿では、ロシアにおける中国観光年の開幕セレモニーも執り行われた。 

   習主席のロシア訪問は、あす24日まで続く。

   ロシアの複数のマスコミ情報より

 

  •  
    シェアする