2013.03.28 , 03:56

ノヴォシビルスク動物園 日本にアムールトラ送る

ノヴォシビルスク動物園 日本にアムールトラ送る

ノヴォシビルスク動物園は、日本の神戸市立王子動物園に、アムールヒョウのオスの子供を送った。

   アムールヒョウは、ネコ科の希少動物で、野生のアムールヒョウの個体数は30-50頭、動物園などで飼育されているのは約300頭だという。ノヴォシビルスク動物園と神戸市立王子動物園は、アムールヒョウの保護および人工繁殖プログラムに参加している。

   アムールヒョウは、法を用いて真剣な保護対策が試みられてはいるものの、個体数が減少しているため、野生のアムールヒョウが生き残る可能性はないと考えている学者たちもいる。そのため、人工繁殖は、アムールトラが生き残るためのチャンスとなっている。

   世界では現在、107の動物園で289頭のアムールトラが飼育されている。ノヴォシビルスク動物園では、最近10年間でアムールトラの子供32頭が誕生した。

   リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする