2013.04.18 , 15:18

中国の鳥インフルエンザ感染者 約半数が感染方法「謎」

中国の鳥インフルエンザ感染者 約半数が感染方法「謎」

中国の研究者らの調べによれば、鳥インフルエンザ(H7N9)の感染者の40%が最近トリとは接触していないことが分かった。中国ではすでに鳥インフルエンザで17名が死亡しているが、どのような方法で感染が広がっているのか、判明していないという。中国感染症管理予防センターのジェン・グアン専門家が明らかにした。

   現在中国の研究者らはH7N9ウィルスの遺伝子構造の特徴を研究しており、武漢科技大学のシュエ・ユイ教授によれば、三種類のトリからウィルスを持つ遺伝サンプルが発見されたという。

   最新のデータによれば、中国では82名が感染し、そのうち17名が死亡した。多くは上海に集中している。

   タス

  •  
    シェアする