2013.04.22 , 14:25

「人間計算機」のシャクンタラ・デビさん インドで死去

「人間計算機」のシャクンタラ・デビさん インドで死去

   「人間計算機」として知られる「数学の神様」シャクンタラ・デビさんが、インド南部バンガロールの病院で死亡した。72歳だった。デビさんは約10日前、呼吸機能障害により、病院に搬送された。インドのヒンドゥスタン・タイムズが伝えた。

   デビさんは、複雑な暗算をこなすことで有名だった。デビさんの父親は、サーカスの団員で、カードゲームをしていた時、当時3歳だったデビさんに計算の才能があることを発見したという。デビさんは6歳の時、マイソール大学で初めて人前で計算能力を披露した。

   デビさんは、13ケタ×13ケタの掛け算を28秒で行い、210桁の数字の21乗根を求めることもできた。42桁の数字の20乗根は、数秒で計算したほか、曜日の計算も一瞬にして行った。

   デビさんは、ギネスブックに記載されているほか、書籍も執筆している。 

   ヒンドゥスタン・タイムズより

  •  
    シェアする