2013.05. 7 , 00:50

ロシア ビールとウォッカの販売量 減少

ロシア ビールとウォッカの販売量 減少

   ロシアで展開する国際ビール大手 AnheuserBusch InBev (ブランド名「 Stella Artois 」など)の 2013 年第一四半期における販売は 17 %減少した。ハイネケンではそれよりましで、約 5 %の減少にとどまっている。減少の原因としては、売店でのビール販売の禁止や税の引き上げなどがあると見られている。

   ビールよりさらに減少が目立つのはウォッカで、 7.8 %減少している。ロシア統計局のデータでも、ウォッカとリキュール類の消費に占めるシェアが初めて 50 %を下回った。これには 1 月 1 日から税が 33 %引き上げられたことによって、無水性アルコール 1 リットル当たり 400 ルーブルにまで高くなったことが背景にある。

  •  
    シェアする