2013.05.15 , 06:39

国連機関:北朝鮮の飢饉は捏造である

国連機関:北朝鮮の飢饉は捏造である

FAO(国連食糧農業機関)の平壌代表部副代表ビライ・デルザ・ガガ氏は、イタル・タスによるインタビューの中で、一部西側メディアで報道されている北朝鮮における飢饉は「実情に即していない」と述べた。

   北朝鮮には食糧問題が存在するものの「飢饉の兆候は何一つ認められない」。食糧の中央配給システムが作動している北朝鮮では、現在、住民ひとりにつき、一日あたり穀物400gが与えられているが、北朝鮮市民の食物はこれに限られるものではない、とガガ氏。

   北朝鮮政府は食糧問題が未解決であることを認識しており、状況改善のために必要な措置を取っている、とガガ氏は強調した。

   イタル・タス

  •  
    シェアする