2013.06.29 , 12:53

モスクワ上空 対空防衛のため 最新レーダー4基

モスクワ上空 対空防衛のため 最新レーダー4基

航空宇宙防衛軍の装備には、対空防衛のための最新レーダー 4 基が加わった。この「すべての高度に対応できるレーダー」はモスクワ周辺を 4 方向からカバーする。

    航空宇宙防衛軍対空防衛担当のキリル・マカロフ少将は、本日行われた第五対空旅団の 60 周年記念行事で、「このレーダーは長距離巡航ミサイルを含む空中物体を察知することができる。これによって必要な場合にはそれを撃ち落すことができる。」と述べた。

    将来 5 年間で対空防衛および対ミサイル防衛にあたる部隊全てにこのレーダーが配備される。マカロフ少将によれば、主要目的はモスクワおよび中央ロシア工業地帯を防衛することにあるという。

 

    インターファックス

  •  
    シェアする