2013.06.30 , 11:22

福島第1原発 ストロンチウム 法定基準の60倍

福島第1原発 ストロンチウム 法定基準の60倍

東京電力は、福島第一原子力発電所の井戸から10日ほど前と比べて約2倍の放射線物質が検出されたと伝えた。

   福島第一原発の観測用の井戸で、ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が1リットルあたりおよそ3000ベクレル検出された。約2週間前は、1リットル当たり1400ベクレルだった。汚染水のストロンチウムの濃度は、日本の法定基準の約60倍となった。



 リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする