2013.07. 4 , 18:38

ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト ロシアで開催

ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト ロシアで開催

毎年開かれているACM国際大学対抗プログラミングコンテスト がロシアで初めて開催される。

    世界中の大学生がコンピュータの知識と技術レベルの向上を図りながら貴重な国際交流の経験を積むことを目的にした同コンテストは、まずサンクトペテルブルグで開かれ、2014年にウラルの町エカテリンブルグで決勝が行われる。この名誉ある権利の獲得には、世界で最も優秀な大学の一つとして認められているウラル連邦大学が大きく貢献した。エカテリンブルグの若きプログラマーたちは、15年前から大学対抗プログラミングコンテストに参加し、3度にわたって3位に入賞している。祖国ロシアで開催される大会では、優勝を目指す。

 もちろん熾烈な争いが予想される。サンクトペテルブルグには世界中からおよそ2000大学、3万人以上が集まる。そしてそのうち最も強い100チームがファイナルに進出する。

 ウラル連邦大学では現在、コンテストに出場する学生の選抜が行われている。ウラル地方で最も優秀なウラル連邦大学には、情報技術や数理分野を学ぶ学生がおよそ6000人在学している。学長は、「人材はそろっている」と語っている。ロシアの国内予選のレベルは高い。だが、最も優秀なロシアの若きプログラマーたちにとって、国内予選はウォーミングアップにすぎない。大学生たちは現在、世界大会に向けた準備に全力を注いでいる。

 優勝した暁には、歴代の優勝者の名が刻まれた優勝カップと、およそ1万7000ドルの賞金が贈られる。だが大学生たちにとって何よりも重要なのは、課題を解く技術と、自分が世界一であることを自覚することだ。また、興味深い権威ある仕事に就ける可能性もある。現在グーグルやマイクロソフトなどで働く過去の参加者たちもいる。

 ACM国際大学対抗プログラミングコンテストの世界大会は、参加者のみならず開催国にとっても重要なイベントだ。ACM国際大学対抗プログラミングコンテストがユーラシア諸国で開催されるのは今年が初めて。サンクトペテルブルグとエカテリンブルグではすでに開催に向けた準備が整っている。参加者たちのためにホテルが予約され、興味深いツアーも企画されている。ロシアのあとは、ブラジル、インド、タイで初めてコンテストが開かれる。

  •  
    シェアする