2013.07.11 , 09:10

メドヴェージェフ首相 エカテリンブルグで実業界の代表らと会談

メドヴェージェフ首相 エカテリンブルグで実業界の代表らと会談

ロシアのメドヴェージェフ首相は11日、ウラル連邦管区へ実務訪問する。ロシア政府広報部が伝えた。

    メドヴェージェフ首相は、見本市「インノプロム2013」を訪れ、国

内外の実業界の代表者や、国際シンポジウム「グローバル知性」の参加者たちと会談する。「グローバル知性」の枠内では2020年国際博覧会(万博)の開催地として立候補するエカテリンブルグのプレゼンテーションが行われる。
    2020年国際博覧会には、エカテリンブルグのほかにブラジルのサンパウロ、アラブ首長国連邦のドバイ、トルコのイズミルなどが立候補している。

    インターファクス
  •  
    シェアする