2013.07.15 , 10:36

日本の実業界 ユジノサハリンスクでの農工複合体設立への参加希望

日本の実業界 ユジノサハリンスクでの農工複合体設立への参加希望

   ユジノサハリンスクのロプキン市長と旭川市の代表団は週末、貿易および農工複合体における協力の発展について協議した。

   北海道の農業関連企業の代表者たちは、サハリン州を将来性のある販売市場だと考えているほか、サハリンで独自に野菜や果物を栽培した場合、市場は著しく拡大され、ハバロフスク地方や沿海地方で販売することも可能だとの見方を表した。

   日本側はサハリン側と、農工複合体のサハリン州センター設立作業への参加に関する枠組み協定に署名する用意がある。

  インターファクス

  •  
    シェアする