2013.07.31 , 04:00

モスクワで観光ブーム

モスクワで観光ブーム

   550万人という記録的な数の観光客が今年モスクワを訪れる。モスクワ市政府会議でソビャニン市長が明らかにした。昨12年、モスクワは510万人の観光客を記録している。

   モスクワ市政府は観光客が増えた理由として、ホステルやミニホテルのような形態が伸びていることを挙げている。現在、モスクワには235軒のこうした比較的安価なホテルがある。初めてのカプセルホテルも目抜き通りのトヴェルスカヤ通りにオープンした。

   モスクワ市政府は、ヨーロッパなどの都市から来た観光客が慣れているような観光インフラ、サービスの基盤要素ができあがっていると指摘する。

このほか、観光客をさらにひきつけようと、歩行者用、自転車用、川くだり用など新たな観光ルートが誕生しているほか、多くのガイドブックが出され、2階建ての観光バスもお目見えしている。

 

イタルタス通信

  •  
    シェアする