2013.09.21 , 12:20

日本、ロシアとの信頼関係強化の構え

日本、ロシアとの信頼関係強化の構え

日本は両国間のビザなし交流を行うことも含め、ロシアとの信頼関係を今後も強化する構え。20日、山本内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当は国後島を訪問したなかでこうした声明を表した。

    山本沖縄北方相は、日本政府は領土問題の解決、平和条約締結、二国間関係発展を望んでいると強調し、20日夜国後島を後にし、択捉島へ向かった。訪問プログラムには地元政府、住民との交流、日本人墓地の参拝が含まれている。
    南クリル諸島と日本との間のビザなし交流は1992年から実施。この間に択捉、国後、色丹島から8千人を越える島民が日本の各地を訪れ、日本からも1万8千人以上が諸島を訪問した。

     ロシアのマスコミ報道から

  •  
    シェアする