2013.09.26 , 16:07

プーチン コンピューターゲームの主人公に

プーチン コンピューターゲームの主人公に

   ベルギーのマイクル・スミッツさんは、「プーチンをなめるな」という新しいゲーム開発に乗り出した。ハロウィーンに向けて開発中のこのゲームは、ヒット中の「Call of Duty Black Ops: Zombies」のパロディー。

   プログラマーであるスミッツさんは、「私はプーチンの大ファンです。彼のナイスガイの信条が好きで、スーパーヒーローにふさわしいのです。ゲームはマルチプレーなので、他にもキャラクターが必要ですが、その一つは私の米国バージョン、マイク同志にします。」と語っている。

   ストーリーは単純だ。プーチン氏はクレムリンで記者会見を開き、そこでゲーム産業における欧化が必要であると発表する。ロシアが国際的に競争できるようにするため、ロシアの開発者たちをアル中の米国人プログラマー、マイク同志が教育する。

   しかし、記者会見の最中にゾンビが乱入し、プーチン氏とマイクだけが生き残る。この時点からゲームが幕を開ける。

    ストーリーによれば、2人の主人公はお互いを嫌っているが、ゾンビと戦うために力をあわせることを余儀なくされる。マイクは米国人で、さらに酔っ払っているため、プーチンに嫌われる一方、マイクはこのような巻き添えをくらったためにプーチンを嫌っている。RBKデイリーが報じた。

  •  
    シェアする