2013.10.24 , 09:09

米カリフォルニア 警察官 オモチャのピストルを本物と間違え 13歳の少年を射殺

米カリフォルニア 警察官 オモチャのピストルを本物と間違え 13歳の少年を射殺

米カリフォルニア州ソノマ郡サンタロスで警官らが、13歳の少年が持っていたオモチャの銃を本物と間違え、彼を射殺した。テレビKTLAが伝えた。

    事件が起きたのは、23日で、警官らが、銃を手にした少年に停止を求めた時の事だった。デニス・オリアリー巡査部長によれば、数回警告を発した後、少年に発砲した。
 警官らは、少年に手錠をかけたのち、彼の死亡を確認した。その後、彼が手にしていた銃はオモチャであった事が判明した。少年のポケットから、プラスチック製のピストルが見つかった。
 事件の詳細は、現在警察当局が調査中。少年を射殺した警官らは停職処分を受けたが、拘束されてはいない。

    イタル・タス

  •  
    シェアする