2013.10.30 , 12:03

ロシアと日本 ビザ簡素化合意が発効

ロシアと日本 ビザ簡素化合意が発効

ロシアと日本の間でビザを簡素化することに関する政府間合意が今日から発効した。対象となるのは企業家、学者、教育従事者、文化人、姉妹都市交流参加者、報道関係者、国際結婚の夫婦。

新しく導入されるのは三年間のマルチプルビザで、日本で活動するロシア企業の駐在員や報道関係者、すでに九十日のシングルビザを発給された国際結婚の夫婦などに適用される。また緊急の場合にはビザなしで七十二時間まで滞在することができる。

   この政府間合意は2012年1月28日、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相と日本の玄葉光一郎外相との間で調印されていた。その年の12月にはウラジーミル・プーチン大統領が対応する連邦法に署名し、批准していた。

 

  •  
    シェアする