2013.11. 6 , 11:32

ロシア中央部 秋としては130年ぶりの暖かい夜

ロシア中央部 秋としては130年ぶりの暖かい夜

ロシア中央部では秋としては記録的に暖かい夜が続いており、気象台によれば、トゥーラで11.8℃、タンボフで11.6℃といずれも記録に近い数字となった。

  モスクワおよびモスクワ周辺では気象観測史上、最も温暖な夜となった。イタルタス通信が伝えた。

  モスクワでの気温が上がり続けており、11月6日としては最も暖かかった1922年の11.6℃を超えて、午前8時時点でVVTs(ヴェ・ヴェ・ツェ)における気温は12.1℃となった。

  数日のうちには11度から18度まで上がるとされている。

  •  
    シェアする