2013.11. 9 , 11:43

米国海軍高官2名 汚職関与の疑いで一時解職

米国海軍高官2名 汚職関与の疑いで一時解職

   米海軍司令部は、大がかりな汚職に関与していた疑いで、高官2名の職務を一時解いた。

   問題の高官は、米海軍諜報局長のテッド・ブランチ中将と同局諜報作戦部長のブルース・ラヴレス少将で、二人は極秘文書へのアクセスを禁じられ、強制的な休暇処分を受けた。

   ジョン・ケルビー米海軍スポークスマンによれば「両名は、現在の高いポストに就く以前、あるシンガポールの会社との『不法でかつ不適切な関係』に関与していた疑いがもたれている」。

   同社は、金銭的報酬や高価な旅行、買春手配などの見返りとして、米海軍から長期にわたり軍艦のサービス業務に関する注文を受けていた。

   リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする