2013.11.12 , 18:18

ウラジーミル・プーチン大統領 ベトナムを訪問

ウラジーミル・プーチン大統領 ベトナムを訪問

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とベトナムのチオン・タン・シャン大統領はハノイで会談し、軍事分野および経済分野を含む両国の協力の展望を話し合った。

    会談終了後、プーチン大統領は関税同盟とベトナムが自由貿易ゾーン創設について積極的に交渉を行うことを明らかにした上で、2012年、両国の貿易高は約20%増えて、36億ドルになったと語った。

    またロシアはベトナム軍への供給を多様化させる意向。ベトナムにはロシアから戦闘機や装甲車、砲などが供給されている。ロシアはまた、ベトナム陸海軍の人材養成にも協力している。

    他の協力分野について、ガスプロムとペトロベトナムがロシアでの石油開発で協力するほか、ガスプロム・ネフチがベトナムの石油精製工場の近代化に参加する合意が調印された。さらに原子力分野も新たな協力分野であり、原発建設のみならず、専門家の養成も含まれている。

    ロシアの各メディア

  •  
    シェアする