2013.12. 4 , 05:07

中国茶 人間の神経系に危険

中国茶 人間の神経系に危険

アルバータ大学の調査によれば、多くの種類のお茶が危険な濃度の鉛を含んでおり、妊娠中もしくは授乳中の女性には有害な可能性があるという。「ナショナル・ポスト」紙が報じた。

鉛は少量であっても発育中の幼児にとっては危険。最も危険な茶は中国産のお茶だったという。おそらく栽培の過程で工場からの廃棄物を吸収していると見られる。特に有機栽培のお茶を15分沸かしたのが最も鉛が多かった。インドおよびスリランカのお茶は飲むことができる。

調査では30の有名な銘柄が対象となり、3分沸かしたものの73%、15分沸かしたものの83%が、5マイクログラム以上の鉛が含まれていた。これは基準値を超えるものではないが、女性が一日に三杯も四杯も飲めば危なくなる。

鉛が溜まることで、IQの低下のほか、意識喪失や死に至る場合さえある。

Meddaily.ru

  •  
    シェアする