2013.12.19 , 12:04

ロシアのプーチン大統領 毎年恒例の大型記者会見に臨む

ロシアのプーチン大統領 毎年恒例の大型記者会見に臨む

毎年恒例となっているプーチン大統領による大型記者会見がモスクワで始まった。ワールドトレードセンターの会場には約1300名のジャーナリストらが集まった。昨日、プーチン大統領は丸一日を今日の為の準備に費やした。ジャーナリストらの質問は予測できないほど多様なものとなるが、プーチン大統領は各省庁からの資料に目を通した。

   プーチン大統領による同様の行事はすでに過去8回行われており、2008年に行われた時には4時間40分にもわたって続いた。質問数は100を超えた。昨年は4時間32分の間に60名のジャーナリストらが質問を行い、なかには2回質問するものもいた。

   ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は「ロシア24」に出演したなかで、「大統領はどんな質問にも苛立つことはない。」と語っており、「貴重な時間を惜しまずに、心を開いて話しをすることはすでに実績が示している。」と指摘した。

  •  
    シェアする