2013.12.24 , 11:21

日本人はロシアの土地を入手可能に

日本人はロシアの土地を入手可能に

   日本企業は、ロシア極東の農業発展のため、土地ばかりでなく税制上の優遇措置も得ることができる。

   オレグ・サヴェリエフ経済発展省次官は、新聞「ヴェードモスチ」の取材に応じた中で「極東に、農業発展のため特別経済ゾーンが設けられる事になるだろう」と述べ「我が省はこのゾーンの一つに関し、日本の投資家達と交渉中であり、日本側はアムール州ですでに、大豆やそばを試験栽培した」と伝えた。

   また農産物市場研究所のアンドレイ・スィーゾフ所長は「ロシア極東での農業生産についてはすでに、中国人や朝鮮人達が発展させる試みをしているが、農業部門への投資家に優遇税制を適用するというのは初耳だ」と指摘している。

   なお連邦当局のある高官は「農業分野での特別経済ゾーン創設のイニシアチブを取ったのは、北海道銀行だ」と語っているが、同銀行に近い人物も、北海道銀行がそうした提案をした事を確認した。ただ「プロジェクトの具体的な中身については、今のところ話されてはいない」との事だ。

   新聞「ヴェードモスチ」

  •  
    シェアする