2014.01. 7 , 13:56

キリル総主教による降誕祭の挨拶:キリストは人間性の「音叉」

キリル総主教による降誕祭の挨拶:キリストは人間性の「音叉」

   きょう1月7日はロシア正教会の降誕祭(クリスマス)。ロシアだけでなく、セルビア、グルジア、エルサレム、アトス山などで、やはりキリストの誕生が祝われている。今年もモスクワおよび全ルーシのキリル総主教が正教徒たちに向けたスピーチを行った。日本の皆さまにも電波を通じてその言葉をお届けしよう。

   「現代人の意識におけるキリスト像は強く神話化され、歪曲されています。最良の場合でも、キリスト教徒の精神的指導者というに留まります。けれども、私たちは、私たちの現代文化から『神人』たるキリストに関する偽りなき・福音的なイメージを追放することに、決して賛同しはしません。キリスト、それは人間性の『音叉』なのです」

   キリル総主教は語る。精神的な価値を守るためには、こんにち、全ての人にとって、自らの人生(生活)をキリスト教の倫理・道徳と関係させることが不可欠である、と。

   またキリル総主教は、降誕祭というものが、近くまたは遠くの知人ないしは未知の人への善意と愛情の祝祭でもあると説いている。

   「私たちの傍には、常に、私たちの支えや助けを必要とする人々がいます。私たちの両親、近しい人たち、もしかしたら、隣の家に住む人、隣の部屋に住む人、とりわけ、ホスピスや病院に横たわっている孤独な病人たちに、元気をなくした人たちに、深い悲しみに耐えている人に、浮世の憂き目を見ている人に、こうした人たちには、私たちの支えや助けが必要です。降誕祭の祝いを、彼らとともにしましょう。彼らの心が頑ななとき、皆さんの輝く笑顔が、皆さんの喜びが、彼らの心を溶かしてやりますように。この良き日、キリスト降誕の日に、人々を分かつ障壁が打ち壊されてしまいますように」

   キリル総主教はこのようにスピーチを結んだ。

   ミレーナ・ファウストワ

  •  
    シェアする