2014.02.18 , 15:27

ヤマル 最初の北極ファーストフード

ヤマル 最初の北極ファーストフード

ヤマル=ネネツ自治区にある「北極学術研究センター」では、最初の北極ファーストフードが披露された。この研究所があるナディムスク地区サイトで明らかになった。

    これは沼にあるミズゴケを基本としたイーストなしの生地とトナカイゴケソースの袋からなる。熱湯を入れて3分待たなくてはならない。


    これは肉体的および精神的にハードな仕事の後、力を回復するのに役立つということで、スタニスラフ・シェグロフ区長が味見をした。区長は、オフィスワーカーや持ち場を離れられない人々にぴったりだとコメント。


    またツンドラパンやコケから作ったお菓子やチョコレート、また北極に育つ草から作った飲み物、さらに「ポリャールニック」クルトンなどがあるという。


    開発者らは今後さらに研究を続け、許可を受ければ大量生産に入るという。



    Lenta.ru

  •  
    シェアする