2014.02.20 , 14:58

森元総理 ロシアとの領土問題で日本は柔軟性示すべき

森元総理 ロシアとの領土問題で日本は柔軟性示すべき

   森喜朗元内閣総理大臣は本日福岡市で講演を行い、日本はロシアとの南クリル問題においてより柔軟性を示すべきだとの考えを示した。

   森元総理は、ロシアが日本に領土を返還できないのであるならば、特別区域として共同管理する可能性を検討すべきだと指摘し、もしこの問題が解決すれば、戦後最大の業績となるだろうと語った。

   森元総理は、日本でも日ロ関係に精通していると考えられている人物で、昨年2月の安倍首相訪ロの際にも、それに先立ちモスクワを訪問し、プーチン大統領と安倍首相の会談を準備した。

   タス

  •  
    シェアする