2014.02.25 , 08:35

イスラエル戦闘機 レバノン・シリア国境の山岳地帯をミサイル攻撃

イスラエル戦闘機 レバノン・シリア国境の山岳地帯をミサイル攻撃

   イスラエルの戦闘機が、レバノン・シリア国境の山岳地帯をミサイル攻撃した。ナハルネット通信が伝えた。

   イスラエル軍機は、シリアとの国境に近いベカー高原東部に対する模擬空襲を行ったあと、イスラム・シーア派過激派グループ「ヒズボラ」の後方支援基地があるナビシト近郊を少なくとも2度急襲した。

テレビ「アル-マナル」は「レバノンの軍事筋は今のところまだ、空爆の事実を確認していない」と伝えた。一方イスラエル軍司令部は、そうした情報を否定しなかったが、コメントを避けた。

   なおLBCテレビの情報では、空爆は、シリア領の施設に対し実施されたものとの事だ。

   イタル-タス

  •  
    シェアする