2014.12.31 , 15:48

私は日本人に対して怨みを抱きません

私は日本人に対して怨みを抱きません

   皆さん、こんばんは。

   馬の年は終わりました。

   ロシアにとっても、日本にとっても昨年はむずかしい年でした。

   ロシアは、犯罪をおかしただろうと批判されたり、それに対する制裁の圧力をうけました。

   でも、ウクライナの政治危機と内戦を引き起こしたのは、ロシアではありません。マレーシアのボーイングを撃墜したのはロシアではありません。

   実際、クリミアはロシアの連邦の一部になりましたが、ロシアはクリミアを占領したわけではありません。クリミア半島の住民は、キエフで軍事クーデターを行った泥棒と犯罪者の政権の下で暮らすことを拒否し、ロシアへの編入をもとめた訳です。

   実際、ロシアはウクライナの南部・東部の市民に援助をあたえていますが、これは犯罪でもなにもありません。犯罪であるのは、南部・東部の市民を大砲やミサイルやでころすことです。この犯罪をおこなったのは南部・東部の義勇兵ではなく、もちろんロシア軍でもなく、ウクライナ軍です。

   これは真実です。

   ですが欧米や日本など、西側の諸国はこの真実をみとめようとはしません。その逆にロシアを制裁で懲罰しようとしています。日本人の大部分も対ロシア制裁の政策をサポートしています。それは、日本からとおくにあるウクライナの実際の状況がわからないからでしょう。

   ですが、私は日本人に対して怨みを抱きません。

新年を迎えるにあたりまして、私は日本のみなさまに、ご健康、ご繁栄とお幸せをお祈りしております。ですが、それだけではなく、私は日本のみなさまが悟りを得て次のような重要なことをご理解いただけるよういのります:そのこととは、「ある国の国民は繁栄と幸福を得るためには、外国からの命令と勧告を退け、自分の知恵を働かせてくらさなければならない。」ということです。

   これでサンタクロースの説教をおわります。

   新年、おめでとうございます。

   アンドレイ・イヴァノフでした。

  •  
    シェアする