2014.03.18 , 02:29

ロシア ウクライナのための国際支援グループの創設を提案

ロシア ウクライナのための国際支援グループの創設を提案

ロシア外務省は17日、ロシアは西側に対し、ウクライナのための国際的な支援グループを創設するよう提案したと発表した。

    的な支援グループを創設するよう提案したと発表した。同グループは、ウクライナの全政治勢力にとって受け入れ可能なメンバーで構成されるとされており、欧州連合(EU)と米国が招かれた。
    外務省は声明の中で、ロシアは、ネオナチズムの復活を許さず、ウクライナの多民族社会の関心を尊重することが原則とされるべきであると考えており、支援グループは、この原則に基づいて活動するべきだと指摘されている。
    声明では活動の原則として、ウクライナの多民族社会の関心を尊重することや、ウクライナ国民が住民投票後のクリミアの自決権を認めることを促進することなどが挙げられている。

    インターファクス

  •  
    シェアする