2014.03.19 , 14:39

ロシア 第5世代原子力潜水艦の建造作業開始

ロシア 第5世代原子力潜水艦の建造作業開始

  ロシアで、第5世代原子力潜水艦の設計が始まった。ロシア海軍チルコフ総司令官が19日、記者団に明らかにした。

  チルコフ総司令官は、主にステルス性、騒音低減、管理および通信手段の改善、ならびに自動化された敵船との衝突を防ぐための警告や偵察手段の装備などに力が注がれるほか、武器も改善されると指摘した。

   チルコフ氏によると、2020年までに「ボレイ」、「ボレイA」、「ヤーセン」、そしてディーゼル・エレクトリック潜水艦「ラーダ」などの第4世代潜水艦の建造と配備が完了することを受け、第五世代原子力潜水艦が開発されるという。

 

   イタル・タス

  •  
    シェアする