2014.03.21 , 10:50

ロシア上院、きょうクリミアとの条約に批准

ロシア上院、きょうクリミアとの条約に批准

   ロシア連邦院(議会上院)は21日、緊急集会を開き、クリミア自治共和国およびセヴァストーポリ市のロシア編入に関する条約を批准する。

   クリミア自治共和国はロシア連邦の新たな構成主体に、セヴァストーポリ市は連邦市となる。上院はまた、この緊急集会で、「米国およびEUによる対ロ制裁をめぐる問題について」の声明も採択する。

   米国・EUは、ロシアがクリミア自治共和国およびセヴァストーポリ市の編入を決定したことを受け、相次いで対ロ制裁を強化した。

   米国はロシア政府高官らに対する資産凍結などの制限措置を拡大し、対象者を20人に増やした。ならびに、「ロシア経済の主要部門に対する制裁」に向けて準備を整えている。

   EUはブリュッセルで加盟諸国首脳会議を開き、やはり資産凍結などの制裁対象者を増やし、33人とした。

インターファクス

  •  
    シェアする